【しづキャラまとめ】JUST SHOOTER・サポートキャラたち

以前OCP板で投稿した、ハリアイ風立ち絵ではないしづキャラたちを、こちらにまとめてうpします
今回は『JUST SHOOTER』のサポートキャラたちです

====================

【サニー・バーンズ(Sunny Burns)】(イメージCV:塩屋浩三さん)
Sunny-Burns.png
『おう!若いの、相棒のメンテはバッチリ済ませてあるぜ!!』
→WJAの武器整備士で威勢のいいオッサン。35歳のアメリカ黒人。主にエージェント用のハンドガンや特殊武器を点検・整備する。
いつも組織の作業服の上だけ脱いでタンクトップをむき出しにしており、黒地に赤いラインの入った汚れたスニーカーをはいている。結構なムキムキ体型。
しかし武器整備士としての腕前は確かである。
ちなみにWJA乗用機整備士、ハニー・バーンズは彼の妹。

一人称→『俺』
二人称→『お前』、『あんた』

====================

【ハニー・バーンズ(Honey Burns)】(イメージCV:喜多村英梨さん)
Honey-Burns.png
『車やヘリを使いたい時は、いつでも言ってくれちゃってOKよ!』
→WJAの乗用機整備士で元気のいい姉御肌。27歳のアメリカ黒人。主に組織の所有する専用の車両やクルーザー、ヘリ等の点検・整備をする。
また仕事中はとても暑いらしく、常に作業服の袖を肘までまくって作業している。
『何でも素早く、かつ繊細に』をモットーに作業するため、彼女も整備士としてはかなり優秀。
ちなみにWJA武器整備士、サニー・バーンズは彼女の兄。

一人称→『私』
二人称→『あんた』、『あなた』

====================

【ロスヴィータ(Roswitha)】(イメージCV:佐久間レイさん)
Roswitha.png
『エージェントの皆さんがケガや病気をなさらない事が、我々救護班の一番の願いですわ』
→WJAの救護班総長。62歳のドイツ人。60歳を超えながらも医療の腕前は半端ではなく、某凄腕無免許医師にも劣らないほど(※ちゃんと医師免許は持っている)。
そして温厚で優しいため、救護班の部下やエージェントたちからは信頼をおいている。
ちなみにエージェント時代に重傷を負ったジャン・リーに、手術を施したのも彼女。彼にとってロスヴィータは母親のような存在。

一人称→『私』
二人称→『あなた』

====================

【園田パトリシオ煌輝(そのだ ぱとりしお こうき/Patricio Koki Sonoda)】(イメージCV:藤原啓治さん)
Patricio.png
『また会ってもうたな、ガキんちょにロン毛野郎…』
→カイトとホークが送り込まれる先にほぼ必ず現れる、フリーのジャーナリスト。30歳の日本人(スパニッシュハーフ)。彫りの深い顔立ちに、金髪に緑の目+無精ヒゲが特徴。
関西で生まれ育ったため、日本語は関西なまり(スズメとは日本語で会話する)。実は戦場カメラマンの経験を持つベテランで、その腕前は『彼が撮った写真を掲載した雑誌は必ず売れる』と豪語されるほど優秀。
ちなみに万一に備え、ウエストポーチには常に小型の救急箱が入っている。

一人称→『俺』
二人称→『お前さん』

====================

★2015/5/1追記:画像を修正版に差し替えました。
Profile

詩月

【詩月(しづき)】
→創作(設定のみでも可)、アニメ、ゲームが大好きなオタクです。自己満で好き勝手に色々描(書)いてます。基本ROM専。
プロフィール詳細は長くなるので、こちらのページに載せてます。

Categories
お知らせ
(※暇な方はぜひクリックお願い致します)


▼LINEスタンプ販売中!▼
▼パロコラ公式グッズ販売中!(詩月作のTシャツもあるよ!)▼
Search
しづキャラメイン勢リンク
Links
(詩月の管理サイト並びに普段お世話になっている、もしくはブックマークしているサイト様へのリンクです)
Archives
Banner
ご自由にお使い下さい。
(※直リンクはせずに画像をDLして下さい)
▼小サイズ(200×40)▼ 通常のサイズ。
▼大サイズ(400×80)▼ スマホ等で鮮明に表示したい人向け。